my name is ysi.

大学2年です。今はお金の支出の面で力になることを発信しています。がんばります。

ポジショントーク

世の中はポジショントークにまみれている

人間が社会的な生き物で、何らかのコミュニティに属していて、世代の中で流行っているものがあるなら、当然10代と50代でポジションが違う。これは「学生」というのもポジションだし、「経営者」や「先生」とかも全部ポジション。

 

 

 

儒教的な教えが日本には浸透しているので、「年上だから、尊敬する」という一般的な考え方も日本人というポジションの中ではよくある話だし、みんなそれに対して何も疑わずに、そういう常識の上に生きていることが多いです。

 

常識の上に生きていていいんですか?とかではなくて、人間が全てにおいて千差万別ならば秩序は生まれないし、常識とか普通とかいう言葉も生まれない。ポジショントークは多くの場合、コミュニテイに秩序をもたらすので良いことだと思っています。

 

 

ポジショントークを信じすぎる弊害

しかし、ある一つのものに正解を求める時、AにするかBにするかという選択がトレードオフの関係にある時、ジェフ・ベゾス的に言うと「戻れる選択」なのか「戻れない選択」において、一度決めたら「戻れない選択」だった場合、どちらかを捨てないといけません。

 

少し前からメディアに従順な人が多いので、通常はメディアが煽った未来になることが多いです。それに、民衆には大して大きな影響はないので暴動などは起こりません。それでわかりやすいのはマーケティングでよく知られるCMです。あれは企業のマーケティングだと知っているならまだしも、CMで流れるくらいだから正しい、と判断する人も少なくないと思います。

 

ニュースやCMXという未来が煽られると自然にそうなるであろう、と考える人が増えるので、通常はXという未来になります。全くすべて嘘のフェイクニュースを流すということもないので、世の中の人は自然にそのXという未来を受け入れます。

 

しかし、多くの人がXという未来を予想していても、Yという未来が来る可能性を根拠をもって示せるというというパターンがあります。しかもこの時に、エビデンスがないままメディアがXという未来が来ると主張している場合、悲惨なことが起こりがちです。

 

今から70年くらい前、そんなことがありました。太平洋戰爭です。「ちょ、ロシアにも勝ったし勝てるっしょw」くらいに思ってた一般人が多そうですが、あれはポジショントークを信じすぎて日本人が頭悪すぎた例だと思っています。知識や情報が民間人に流れ出ることはなかったと思いますが、頭いい人のなかでは資源とかの計算すれば長引いた時点で無理だということはわかってたと思います。それ以外にも理由はあると思いますが、ポジショントークを信じすぎの例としてだしてみました。

 

 

「ポジション」との付き合い方

ポジショントークをしすぎるとそのポジションに固執してしまうということもあると思います。今の大企業の粉飾決算などはそういったポジションを守ろうとした結果としてでたボロかなと思います。それに対抗しうるのはエビデンスの存在だと思います。高度経済成長が「日本人の凄さ」ではなく「労働力の多さ」「市場の大きさ」などに原因があったように、なるべく数値的なエビデンスが用意できるといいです。エビデンスだけがポジションに勝ちうる可能性がある。

 

少なくとも、頭を使って働く人や機関が「やる気」とか「気合」とかしか言わない状況ってかなりやばいと思います。これは国の場合だけでなくて、組織においてはどんな規模のものでも言えると思います。部活でも学生団体でも企業でも、ポジションのみでできている組織はよくない方向に向かうはずです。

 

秩序を守るためにポジションはとりつつ、エビデンスのある提案は立ち位置関係なく採用するということができる組織がいわゆる「柔軟な組織」なんだと思います。

 

という功利主義の人間のポジショントークでした。

広告を非表示にする

センスと運

人生はセンスと運?

最近読んでいる経営学者の本で、成功する人がよく言うのは、2割のセンスと8割の運で成功していると言っていた。これは何十年も経営をしている経営者に聞いた話なので、信憑性はあるのだという。

 

これを分解した。

 

2割のセンスを分解していく

「2割のセンス、8割の運」という言葉は、2割のセンスを磨くことで8割の運という見えないものの概要を掴み、良い方向へ導くことを意味しているのだと言っていた。

 

2割のセンス=2割の思考のセンスと8割の量的な仮説検証で磨かれていき、

2割の思考のセンス=2割の気づきと8割のインプット

 

となる。

 

 

2割の思考で、経験やインプットを実際よりも多くのことを感じることで、他の人を大きく離せるし、大きく正解に近づくはず。地頭がいい人ってこういう風に1の自分の経験から100を導いてそれを別の経験にそのまま活かしている人が多い。地頭の正体。

広告を非表示にする

新しく得た思考法をまとめてみる

目次

 

 

ロジカルシンキングの定義

最近やっとロジカルシンキングがなんなのかについて少しだけ、微妙にわかってきたので整理をするために書きます。ロジカルシンキング=論理的思考というけども、何を持って論理的なのかと。僕なりの定義から整理していきます。

 

ロジカルシンキングとは、一言で言うと要素を分解し、効率的な選択をするために必要な力だと思います。

 

 

ロジカルシンキングという言葉自体がふわっとしているので具体例を出して説明します。

 

例えば、テニスをうまくなるために何かしようと思ったとします。「サーブ力、レシーブ力、ボレー力、ストローク力」という4つに分けます。しかし、4つのままだと具体的に何をしたらいいかわかりません。

 

例として、ここではサーブ力を分解してみます。

 

サーブ力 = コントロール × 決定力

 

という風に分けたとします。このままでは何をしたらいいのかわからないのでこのまま要素分解を進めていくと

 

コントロール = 1試合でサーブをうった数 × 1試合でサーブが入る確率

決定力 = 1試合でサーブをうった数 × サーブが直接得点につながる確率

 

で求める、という一応の仮説を立てます。

 

 

この仮説を建てた上で、

 

1試合でサーブが入る確率 = 1試合にファーストサーブが入る確率 + 1試合あたりのセカンドサーブが入る確率 

 

と分解できます。

 

ちなみにこれらは

1試合にファーストサーブが入る確率 = (1試合のファーストサーブの数 ー ミスしたファーストサーブ) / ファーストサーブを打った回数

 

1試合あたりのセカンドサーブが入る確率 = (1試合のセカンドサーブの数 ー ミスしたセカンドサーブ) / セカンドサーブを打った回数

 

となります。(算数苦手なので間違ってるかもしれませんが、あてはめてみて計算合わなかったら、合うように式を変えればいいだけです。)

 

 

この時点で、ファーストサーブが入る確率とセカンドサーブが入る確率を上げる施策を考えることができます。

 

・ファーストサーブが入らないのは練習回数が足りないからだサーブの打ち込みをする

・緊張感を持って打つ場がないからセカンドサーブを外すのではないか試合を多めに設定する

・ファーストサーブが入る確率が安定しないのはフォームが安定しないからだフォームの見直しをする

・試合でサーブが入らないのは精神が弱いからだマインドフルネスを実践してみる

 

解釈はたくさんありますが、最も効率のいい施策を検証しまくることで、最適な答えを得ることができます。

 

 

「現象のみを見て定量化し、仮説を立てて検証する」ということを繰り返すことが使えるロジカルシンキングになるんではないかと思います。

 

 

 

ロジカルシンキング(?)をどう身に付けたか

 

これはシンプルで、自分の今ハマっていること、やっていることを要素分解して、分解しまくって1つの数値に紐づく仮説/施策を出すことをとりあえずやりまくることです。

上で示したテニスの例のように、自分のやっていることに置き変えて、

 

1番大きな数値を数式にする

必要に応じて数式を細かくする

細かくした要素に紐づく施策を複数出す

施策を実行する

よかった施策・よくなかった施策に分類し、それぞれがどの程度影響を及ぼしたのか数字ベースで算出する

場合に応じて、必要のない要素を省いたり足したりする

③・④・⑤・⑥を繰り返す

 

これを複数・短期間で回し続けることで改善までが1つのフレームワークになるので、これを使って考えています。

 

 

 

 

なにが変わり始めたか

①思考の初速が速くなる

これを初めてから、目標達成のために何をすればいいのかを小さな数値に落とし込んだ状態で物事を考える事ができるようになりました。初速が速いかつ、適切な改善であろうものを選択することができます。

 

「決断」を迫られるのは感情の問題だというのを本で呼んだことがありますが、一つ一つ小さな要素をいじっていくのに決断を迫られることはありません。小さな要素に複数・同時に施策を回し続けることでメンタル面の負担が少なくなります。

 

 

②思考停止に陥りにくくなる

このやり方は、「こういう式にこの数字を当てはめるだけ」という作業ではなく、「必要なだけ要素を分解し、必要な式を出し、必要な施策を出す」という流れを自分の頭で考えるので数式が全く変わる事ができます。

 

2という数字を求める時、2+1ー3+2でも求めることができますが、1+1で求める事もできます。

 

必要な要素を自分で考える事で、今までよりもずっとシンプルで簡単に求められるということがわかると、やり方そのものを変えることができます。

 

これができると必要のない反復を避けて、時間を作る事ができます。できた時間でいろんなことを考えたり、別の事例でこのフレームワークに当てはめて施策を考えたりできます。

貯金と投資について思うこと

貯金とは

お金を触ったことのない人向けに説明すると、お金を使わずに貯めておくことです。

 

貯金をする理由

貯金をする理由はいくつかありますが、

  • いつか(病気とかで)使うであろうお金を持っておく
  • まとまったお金のものを買いたいから貯金する
  • 使い切らないからとりあえず貯めとく

とかが多いと思います。

 

言い方が胡散臭いですが、僕は投資派です。

 

f:id:Yosui262:20170825012858p:plain

 

株式投資いいんじゃねって思う理由

やるなら長期

「株やろうぜ株!!」みたいな人もいますが、それとはちょっと違います。株式のことは詳しくは知りませんが、株式投資を長期でやるのはいいかなと思っています。というのも、その会社の人達はその会社を伸ばすことに少なくともそこには人生を賭けているからです。そういう人達の血の一部になって協力できるというのは面白いことでもあるんじゃないかってことです。

 

自分の心配事で金を抑えちゃうのはもったいないのではないか

金の世界がそんな甘くないことは重々承知ですが、それでも、自分の心配事でお金をとどめておくよりかは、余計なお金は誰かの頑張りに賭けていたほうが結果的に増えるだろう。計算もしていないけどそういう考えです。

 

リスクもあるけどハイリターン?

僕は5万円と本があれば幸せに生きていけるので、それ以上のお金は別にいらなくてもいいお金です。預けておいて金利0.001%をもらう(もらえてない)よりも、他人の人生に賭けてみる方がおもしろいという話です。

 

 

 

 

株式投資の本読むってまじ?

株式投資やFXの入門の本がありますが、テクニカルなセオリーのみ抑えておくだけにしたほうがいいんじゃないかというのが僕の意見です。

もちろん、スキルとしてあるのはすごいと思います。それを仕事にしている人も数多くいます。

 

 

f:id:Yosui262:20170825012943j:plain

 

でも、それ以外の人が多くを占めるので、その人達向けの株式投資入門とか、カモでしかないと思うんですよね。もし自分が株式投資のプロだったら、内部の情報を知らない人を煽って自分の利益を最大化することとか考えます。バレないんだし、ずるじゃないし、儲かります。

 

そう考えると、まず本読もうとか思わないと思うんですよね。

 

 

じゃあなにを読むのか

決算書でしょう。企業の状態が嘘なく、(ほぼ)全員に同じデータを差し出している決算書は、だれかが言う儲かりそうな話よりも根拠に成りうると考えてます。

 

決算書を読むのだるいめんどい人はやらない方がいいと思います。投資は賭けだと言う人は自分で賭けにしてしまってることが多い。

 

競馬や宝くじと違って、株にはプロがいて、賭けと言う人もいればプロとしてやる人もいる。その理由を考えれば答えは見えてくると思います。

 

 僕は企業が大好きなので、「かっけ〜」とか「おぉぉ〜」とか、知識がないなりに感動ができます。好きだからできます。想像力を働かせてどういう風に数値が動いていくのか、なぜその数値になったのか考えるのは楽しいです。

 

 

貯金って本当に大事なのか

貯金をすることもいいとは思うんですが、惰性で続けてるんであれば一回考え直してみてもいいんじゃないかと思ったので哲学してみました。

 

海外旅行にいきたいわ。

金利に関する便利な「72・114・144」のルール

金利を計算するのがめんどい

 

金利についての記事を書きましたが、計算がめんどうだと。 

 

yosui.hatenablog.com

 

いちいち「これがいくらで〜」って計算するのは時間がかかります。

 

結論から言っちゃうけど、めっちゃ簡単な公式があります。 

 

           f:id:Yosui262:20170823234125p:plain

 

72・114・144のルール

例えば「100万円が金利◯%だった場合、3倍になるには何年かかる」っていうのを計算する時、72・114・144を使えばすぐ計算できます。

 

72は、2倍になるのがいつか知る時

答えを初めから言っちゃうと、

 

72を金利で割ると、2倍になるまでの年数がでます。

 

金利が5%だった場合、

 

72÷5=14.4

 

つまり、14年と半年くらいで元金が2倍になります。

 

 

 

114は3倍を導く

もうわかってると思いますが、

 

114を金利で割ると、3倍になるまでの年数がでます。

 

金利が8%だった場合、

 

114÷8=14.25

 

つまり、14年と少しで元金が3倍に増えます。

 

 

 

144は4倍を導く

もういいでしょう。

 

144を金利で割ると、4倍になるまでの年数がでます。

 

それだけですが、計算が一気に楽になります。

 

金利が10%だった場合、

 

144÷10=14.4

 

14年と半年くらいで4倍になります。

 

 

 

そんだけです。そんだけですが、覚えておくとちょっとした時に便利です。

 

投資をする時に考えるよりも、住宅ローンやクレジットカードを使う時、何かで金利が発生した時に思い出してみてください。

 

 

 

 

               

金利について知っとけば直接ぼったくられることはない

余計なお金を取られないために

この記事では金利について扱っていきます。ある程度は知っていても、どこらへんに気をつけるべきかわかるように簡潔に書いていこうと思います。

 

   f:id:Yosui262:20170818225852p:plain

 

 

金利とは

金利とは、%(パーセンテージ)で表される手数料的なものです。これだけ聞いて納得する人はいないわけなので超わかりやすく説明します。

 

 

闇金ウシジマくんから学ぶ金利

ウシジマくんが経営するカウカウファイナンスは、基本的にトイチ(10日で10%)です。

もし僕がカウカウファイナンスで30,000円借りたとしたら、10日で10%の利子を払わないといけないことになります。

10日間放置しただけで「借りた分のお金である30,000円+利息分3,000円」を払わないと行けないということに成ります。ひと月借りて放置しておくだけで9,000円の利子が発生します。

 

当たり前ですがウシジマくんの例は違法な金利ですので、クレジットカードには全く適用されていません。金利の意味をさらっとおさえてくれればいいです。

 

導入ここまでで、ここからは実生活に馴染みのあるもの、これから社会人になって使うかもしれないものの金利について説明していきます。

 

 

クレジットカードの金利

クレジットカードは便利なので使う人が多いと思いますが、2ヶ月は金利ゼロです。2ヶ月をすぎると、金利が発生します。

めちゃくちゃ良い資料があったので載せておきます。

 

ざっと見た感じ18%くらいなんだなーっていうのがわかれば構いません。

 

f:id:Yosui262:20170818220441p:plain

【保存版】人気クレジットカードのキャッシング機能(金利・限度額)徹底比較 | キャッシングのまとめ

 

 

 

 

これってつまり、200,000円の買い物して2ヶ月過ぎただけで、プラスで36,000円払わなければいけない状態です。さすがにこの状態を作る人はなかなかいないと思うんですが、

 

金利って要するにぼったくりなんだな〜

 

って感じで覚えておいて下さい。

 

 

クレジットカードを使う際の注意点 

簡潔にまとめると

  • 2ヶ月すぎると18%の金利とられる(ぼったくられる)
  • ブラックリストにのって色々不便
  • 2ヶ月以内に返しとけばぼったくられる心配はない(普通に使う分にはいい)

 

これだけ抑えておけばいいかなあと思います。

 

 

 

一軒家買う時によく使う住宅ローンの金利

一軒家買いたい人はよく見ておいて下さい。

 

今調べてきたんですが、

住宅ローンの年利(一年間の金利)は1番低いので1.2%らしいです。

一軒家の購入額は2501~3000万円が平均です。

 

1番安い金利1.2%)で、3000万の家を買おうとした時、固定金利(景気とかで金利が変わらないやつ)で35回払いになるんですよ。それってどういうことかっていうと

 

3000万×1.2%=360,000円(年)

 

年間で360,000円も払わないといけません。これを月単位で換算すると30,000円なんですが、利息だけでこれはしんどすぎません?

 

 

それでも買いたい人は買えばいいと思います笑

 

 

 

 

 リボ払いについて

どれくらい金利があるかと言うと、

 

リボ払いの金利手数料を計算する方法をわかりやすく解説。どのくらい金利手数料がかかるのか、そしてリボ払いは絶対に使ってはダメ? - クレジットカードの読みもの

 

こんな感じです。

これは年利(1年あたりの金利)なので、4ヶ月で5%の金利と考えてくれればと思います。

 

リボ払いは長期で払うことが前提なので、「30万を12ヶ月でリボ払いします。」となると、1年間で利息だけで45,000円払うことになります。

 

企業は手数料と金利で儲けるビジネスモデルが多いのでその数字に注意出来るようになればいいと思います。

 

また、クレジットカードも家のローンもリボ払いも、自分がその手数料が発生しても買いたいという人は買えばいいと思います。

 

次は貯金について記事にしようと思います。

 

家計簿つける「時間」と現金だす「手間」を省くならこれをやろう

家計簿つける「時間」と現金を出す「手間」

毎月給料をギリギリまで使ってしまう。その為にがんばって家計簿作ったりするのは良いけど、レシート取っておいたりして財布パンパンになってるのとかはさすがにダサい。

支払いの時に現金出す→会計してもらう→お釣りだしてもらう→お釣りもらう

っていう手間もだるい。

 

今はその時間と労力がテクノロジーの力で簡単に管理できるようになってます。

 

まず、支払いの時に現金を出すことなく支払いが出来るようになっている。

そういうのを思って生み出されたのがカード(だと思う)。

 

         f:id:Yosui262:20170806180420p:plain

 

決済を楽にしたもの。カード!!

 

これは知ってる人多いと思うんですが、決済(金払う時)に使うカードの種類は大きく分けて3つあって

 

クレジットカード

デビットカード

プリペイドカード

 

です。

 

クレジットカード。使ったことのない人の為に簡単に言うと、1ヶ月か2ヶ月か先に口座から勝手に引き落とされてるやつ。もっと簡単に言うと後払いカード

 

デビットカード。これを推しています。これは講座からその場で直接引き落とされるカード。簡単に言うとその場で口座から金が引かれるカード

 

プリペイドカード。これはチャージしといて、チャージした分だけ使える。suicaとかイメージしてもらえたらわかりやすいと思う。

 

 

 

なんでデビットカード推しているのか

1 そもそも現金がだるい

電車に乗る時に切符買うのがだるいからSUICAをみんな使うわけで、レジでいちいち現金だす計算してお釣りだしてもらうお釣りもらうのが時間かかり過ぎてだるくなる。

おごる立場になった時に現金を財布から出す時にてこずっちゃった時の気まずさ。

現金だるいしださい。

 

 

2 身銭を切る思いを味わえる

クレジットカードだと現在の講座に入ってる金には影響がないから、使いすぎる可能性がある。デビットカードなら、身銭を切る思いを買う瞬間にする。

0になった瞬間「口座に金ないからこれ以上払えないです、どんまい」となるからリスクが低い。

 

 

3 プリペイドカードめんどい

suicaつかえばいいやんと思う人もいるかもしれないけど、いちいちチャージするのってだるくないですかね。電車急いでるのにチャージしなくちゃいけない時って「うっわ」とかなりますよね。

 

 

 

 

さらに、カード+アプリで今までお金を頑張って管理するために費やしてた時間がカットされる。

 

 

 

金の管理を楽にしたもの。アプリ!!

1 money forword

moneyforward.com

 

まずはこれ。家計簿アプリなんだけど、カードと連携させれば自動的にメモっといてくれる。レシート受け取ってあとで書き込む作業が要らなくなる。エコだし時短。プレミアムだと月額500

 

 

2 zaim 

zaim.net

 

2つ目はこれ。昨日はmoney forwordとほぼ同じ。こっちのほうが利用者数は多かった気がする。月額360

 

 

money forwardのほうが外部連携(登録できる銀行の数とか)に優れているようなイメージがしますが、気に入った方を使うのが1番いいと思います。ちなみに僕はmoney forward派です。

 

 

 

 

カード+アプリの合わせ技

カードの種類は銀行できいたことがあったとしても、アプリと連携して使うことはないかなと思ったので紹介しました。

 

money forwardを使ったら年額6000の値段になりますが、月額500円以上の消費をしちゃってることが多いと思うので、カード+アプリの連携を一度試してみて下さい。

 

年間6万の支出をおさえる人続出する記事も書いたのでこっちも。 

yosui.hatenablog.com