my name is ysi.

がんばります。

「おもしろいやつ」が大好きなやつらに物申す

 

「おもしろいひと」「おもしろいこと」

「おもしろいこと」「おもしろいひと」が好きな人、いると思います。自分にとっておもしろい人が周りにいればそりゃ楽しいですよね。おもしろい人って多種多様。

 

僕は今日ヒトと変わってることが面白いと思ってるやつに物申したい。

 

この世には2種類の人間しかいない。

この世には2種類の人間しかいない。本当に変なやつと普通のやつ。

1つめは本当に変なやつ。自分で気づいている場合もあれば、他人から指摘されまくってるやつもそう。類は友を呼ぶって感じの出会い。お互いに変なところをディスりあうことがある。

2つめ。そう、僕が物申したいのはこの2つめのパターンのやつ。こいつら。普通の人のポジションのまま近づいてくる人たち。別に変なやつしか近づいてほしくないとはいってない。仲良い人は多いほうが良いと思うし、仲良くしたい。仲良くしてくれて感謝ですまじで。

 

 

少数派であることはいいんだ、、でもな、、、

2つめのパターンのやつ、こいつらに物申したい。お前らにはわからんだろうが、すごく悲しくなることがあるのを知ってほしい。

 

もう何かの議論で意見が違うことは慣れたんだ。それはわかった。

 

でもやっぱ「ああ、みんなと違うのか、、、」と思うことが心のどこかである。慣れてるんだけど、どこかでわかり合いたいたいなと思うことがある。人それぞれの主張と意見があって当たり前だし、それでいい。

でもその時、少数派の意見を「なんかおもしろいこと言ってる!」って寄ってくんのやめてくれ。ああ、こいつにはわかるのか!!って勝手に舞い上がるけど、後でその意見はただ迎合されただけとわかるととんでもなく悲しい時がある。

そこはノリじゃなくてロジックを通して理解してほしい。いや、理解しなくてもいいから迎合してくんな。

 

 

 

そんな僕もおもしろいやつが好き

こんなん言ってるけど僕もおもしろいひとが大好きだ。普通なんだけど狂気を感じる人って形容するといいかもしれない。

 

 

変なやつといるとその場はもとから価値観のぶつけ合いから始まるから、お互いのことを考えながら自分の意見を言う傾向にある気がする。あと、「おもしろいひと」って幼いころから"周りが自分と違うこと"に慣れてるから、変化を受容しやすい傾向にある気がする。

 

でも決して迎合はしないようにしている。自分の信じる正義とぶつけてみる。そうするとまた面白いものが見えてきたり、新しい価値観に出会えたりする。だから変なやつ、頭おかしいやつ、トチ狂ったやつが大好きだ。そういう人に恵まれてる気がするので、まず周りにいる人は大事にしたい。