my name is ysi.

大学2年です。今はお金の支出の面で力になることを発信しています。がんばります。

下流志向 2章「リスク社会の弱者たち」を読んだ|自己決定・自己責任論とは?

自己決定・自己責任論

下流志向の2章では、自己決定・自己責任論が主題で話が進んでいく。教育機関が「たくましく・しなやかな個」を目指すことで「リスク化・二極化」が進むことを喚起している。

 

リスク化とは、将来どのように生きていけるのかというのを見通せる可能性が低くなり、努力に対してのリターンがどれくらいになるのかの予測がつかないことにある。

 

二極化とは、努力するもの・努力せざるものの差が大きく開いていくということが挙げられている。

 

 

リスクに対する認識

リスクをテイクする、リスクをヘッジするという言葉がリスクという言葉にはよくつく。リスクをテイクするとは0から+を生み出すような言葉で、リスクをヘッジするとは0からーにならないように施策を打つという意味合いになる。

今の時代では、リスクをヘッジすることができてないと著者は言っている。リスクをヘッジするには1人では不可能であり、丁半博打で丁と半どちらにも張るという意味。+にはならないけどーをふせげればいいというのがリスクヘッジをする前提だ。

 

リスクに対する認識が、社会階層毎に変わってくるというのがこの話の要であろう。「学力そのもの」ではなく、「学力に対する信憑性」が社会階層ごとに変わってくると、その刷り込みが結果として大きな差を出すということだ。

 

学力に対する信用性は主に親からの刷り込みである。学力なんてなくても生きていけるという考え方、学力があればなんでも出来るという考え方どちらかの考えが子供を支配し、主に社会階層の高い親は前者を唱え、社会階層の低い親は後者を唱えるという。

 

 

リスクについて

前者、後者ともに唱える親がいることは間違いないだろう。しかし後者を唱える親は大抵の場合、どうしたらいいのかのロジックを持ち合わせていない。代替案はないが「私が生きてこれたから大丈夫だろう」というロジックで物を言っている。

人間は基本的に楽をしたいと思う生き物だ。子供も「それでいいのか」となって努力をしなくなる。親の刷り込みによって子供が努力しなくなるという現象は珍しくないことだと考える。選択肢が増えたが、根拠なしで話をしてしまう人が被る被害だろう。

 

 

 

構造的弱者の出現

リスクヘッジは集団として生き残るという目標に対して動ける人たちが受け入れられることだ。それはつまり一人で責任を取ることとは全く違い、自己決定し、自分で責任を取るというのはリスク社会が弱者に対して強要する生き方と言っている。

 

つまり、周りに助けられる構造(セーフティネット)が用意できない人は自己責任を押し付けられ、その生き方を強要することになります。戦後日本社会ではそんなことはあまり起こらず、誰か一人のリスクをより大きなコミュニティ全体が責任を負うという形でリスクをヘッジしてくれていた。

 

 

「迷惑かけてないんだから、ほっといてくれよ」

この言葉を言う若者はいくらでもいる。しかし、これにはもう少し複雑な意味が含まれている。「迷惑をかけてないんだから、」という言葉には「お前も迷惑をかけるなよ」という意味も含まれている。

迷惑をかけていないから何をしてもいいと言って自分の反省をせず、しかも後々助けとなるかもしれない外界との関係を自ら断っていることになる。構造的弱者は自己決定・自己責任論に踊らされ、リスクヘッジできなくなる。

 

 

学力低下は努力の賜物

構造的弱者は「自己責任」を掲げ、今現在の自分を正当している。学校での学力での成功を否定し、将来の自分よりも現在の自分を見つめることにより、自分の有能感をたかめている。しかもこれは、怠惰によってもたらされたものではなく、努力して自分らしさを見つけることで産んだものである。

 

 

 

「迷惑かけてないんだから、ほっといてくれよ」について

これについては、この言葉を言うやつの頭が悪いと考える。少なくとも存在するだけで相手の頭を悩ませているし、迷惑になっている。全ての基盤は与えられたものであるのに自己決定していると思いこんでいる。基盤がある上で使えるものは全て使うべきだと考える。

 

思考や感受性が貧しい者は弱者であるのは世の理だと思う。今の時代では構造的弱者だが、これが社会の産物かもしくは個人に帰依すると考えるのかは自由だが、私は後者だと考える。

 

 

yosui.hatenablog.com