my name is ysi.

大学2年です。今はお金の支出の面で力になることを発信しています。がんばります。

家計簿つける「時間」と現金だす「手間」を省くならこれをやろう

家計簿つける「時間」と現金を出す「手間」

毎月給料をギリギリまで使ってしまう。その為にがんばって家計簿作ったりするのは良いけど、レシート取っておいたりして財布パンパンになってるのとかはさすがにダサい。

支払いの時に現金出す→会計してもらう→お釣りだしてもらう→お釣りもらう

っていう手間もだるい。

 

今はその時間と労力がテクノロジーの力で簡単に管理できるようになってます。

 

まず、支払いの時に現金を出すことなく支払いが出来るようになっている。

そういうのを思って生み出されたのがカード(だと思う)。

 

         f:id:Yosui262:20170806180420p:plain

 

決済を楽にしたもの。カード!!

 

これは知ってる人多いと思うんですが、決済(金払う時)に使うカードの種類は大きく分けて3つあって

 

クレジットカード

デビットカード

プリペイドカード

 

です。

 

クレジットカード。使ったことのない人の為に簡単に言うと、1ヶ月か2ヶ月か先に口座から勝手に引き落とされてるやつ。もっと簡単に言うと後払いカード

 

デビットカード。これを推しています。これは講座からその場で直接引き落とされるカード。簡単に言うとその場で口座から金が引かれるカード

 

プリペイドカード。これはチャージしといて、チャージした分だけ使える。suicaとかイメージしてもらえたらわかりやすいと思う。

 

 

 

なんでデビットカード推しているのか

1 そもそも現金がだるい

電車に乗る時に切符買うのがだるいからSUICAをみんな使うわけで、レジでいちいち現金だす計算してお釣りだしてもらうお釣りもらうのが時間かかり過ぎてだるくなる。

おごる立場になった時に現金を財布から出す時にてこずっちゃった時の気まずさ。

現金だるいしださい。

 

 

2 身銭を切る思いを味わえる

クレジットカードだと現在の講座に入ってる金には影響がないから、使いすぎる可能性がある。デビットカードなら、身銭を切る思いを買う瞬間にする。

0になった瞬間「口座に金ないからこれ以上払えないです、どんまい」となるからリスクが低い。

 

 

3 プリペイドカードめんどい

suicaつかえばいいやんと思う人もいるかもしれないけど、いちいちチャージするのってだるくないですかね。電車急いでるのにチャージしなくちゃいけない時って「うっわ」とかなりますよね。

 

 

 

 

さらに、カード+アプリで今までお金を頑張って管理するために費やしてた時間がカットされる。

 

 

 

金の管理を楽にしたもの。アプリ!!

1 money forword

moneyforward.com

 

まずはこれ。家計簿アプリなんだけど、カードと連携させれば自動的にメモっといてくれる。レシート受け取ってあとで書き込む作業が要らなくなる。エコだし時短。プレミアムだと月額500

 

 

2 zaim 

zaim.net

 

2つ目はこれ。昨日はmoney forwordとほぼ同じ。こっちのほうが利用者数は多かった気がする。月額360

 

 

money forwardのほうが外部連携(登録できる銀行の数とか)に優れているようなイメージがしますが、気に入った方を使うのが1番いいと思います。ちなみに僕はmoney forward派です。

 

 

 

 

カード+アプリの合わせ技

カードの種類は銀行できいたことがあったとしても、アプリと連携して使うことはないかなと思ったので紹介しました。

 

money forwardを使ったら年額6000の値段になりますが、月額500円以上の消費をしちゃってることが多いと思うので、カード+アプリの連携を一度試してみて下さい。

 

年間6万の支出をおさえる人続出する記事も書いたのでこっちも。 

yosui.hatenablog.com